みやこ会計ブログ  Blog of MIYAKO Accounting & Tax

東京 目黒駅前の国際税務会計事務所「みやこ会計」のブログです。公式ホームページはこちら。 Click here for our official website.
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
無償減資で均等割を軽減 Saving per-capita tax by free capital decrease

先の平成27年度税制改正により、無償減資で均等割を軽減できる可能性が出てきました。

従前、均等割は資本金等の額に対して課されていましたが、改正後は以下のいずれか大きい額に対して課されることとなりました。
〇駛楸眦の額 ± 無償増減資等の金額(減資は欠損填補目的のものに限る)
帳簿上の資本金+資本準備金

外国法人の日本子会社が日本各地で出店するような場合、当初数年間の出店資金を親会社が出資することで日本子会社の資本金等が膨れ上がり、均等割も膨大になることがあります。
このような場合に、無償減資をしても、均等割は無償減資前の資本金等に対して課されるために軽減できない、という問題がありました。
本改正により、無償減資で均等割を大幅に軽減できる可能性が出てきました。
なお、過去(2001年4月以降)に行った無償減資も減額できます。


The tax reform 2015 would enable companies to save per-capita tax by decreasing capital without compensation.
Currently, per-capita tax is imposed on the capital amount without adding/deducting the free capital increase/decrease.
Hereafter, it shall be imposed on the higher of the followings:
Capital amount (before adjustment) ± Free capital increase/decrease (to compensate the retained loss)
Capital + Capital surplus on the book

When Japanese subsidiaries of foreign parents open up stores throughout Japan, the parents usually invest for the start-up capital, which increases the capital amount and per-capita tax of the subsidiaries.
In this case, the subsidiaries couldn't save per-capita tax even if they decrease the capital without compensation as it was imposed on the capital amount without deducting the capital decrease.
After the tax reform, such subsidiaries would be able to save per-capita tax by decreasing the capital without compensation.
The free capital decrease since April 2001 is also deductible retroactively.

コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.