みやこ会計ブログ  Blog of MIYAKO Accounting & Tax

東京 目黒駅前の国際税務会計事務所「みやこ会計」のブログです。公式ホームページはこちら。 Click here for our official website.
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
中小法人の範囲(資本金1億円以下)見直し Tax reform closing tax loophole helping big companies with small capital
6/17付の日経新聞によると、政府が税制優遇の対象となる中小法人の基準を見直す検討に入るようです。
現在、資本金1億円以下の企業は中小法人とみなされ税制優遇を受けられますが、大きな売上や利益を上げる企業が資本金を意図的に1億円以下に抑えて優遇を受けるケースがあるためです。
資本金に代わる基準としては、操作しにくい売上高利益が考えられています。
早ければ2017年度にも基準が変わる可能性があります。

中小法人とは、資本金が1億円以下で、かつ、資本金5億円以上の会社の100%子法人でない会社です。
中小法人には、以下の法人税の優遇措置が適用されています。
(1) 貸倒引当金の法定繰入
(2) 欠損金の100%控除(大法人だと上限80%。今後さらに65%、50%と縮減される予定)
(3) 軽減税率(800万円以下の所得に対する軽減)
(4) 特定同族会社の特別税率(留保金課税)の不適用
(5) 貸倒引当金の法定繰入率の選択
(6) 交際費等の損金不算入制度における定額控除制度
(7) 欠損金の繰戻しによる還付制度

外資系の日本子会社は、親会社の資本金が5億円以上のケースも多く、その場合、現行法では、日本での事業規模が小さくても大法人となります。
このような日本子会社は、今までは以下の方法により中小法人になることが可能でした。
 文沙颪覆匹砲茲蝓貌本子会社の資本金を1億円以下にする。
◆奮式移動などにより)親会社のシェアを100%未満にする。
改正後は、このような策を講じなくても、中小法人として優遇措置を受けられるケースが増えると思います。


According to the Nikkei morning on June 17, the Japanese government plans to revamp a preferential taxation for small and medium sized enterprises (SMEs)  as corporations with huge annual sales purposely keep their capital small to receive the tax benefits.
The plan is to switch to a taxation system based on sales or income, which are harder to manipulate than the size of capital.
The government hopes to close the loophole as early as fiscal 2017.

SMEs are the corporations with capital of up to 100 million yen and which are not held 100% by the parents with capital of 500 million yen or more.
SMEs can receive the following tax benefits:
(1) Bad debt allowance
(2) Tax loss carried forward deduction by 100% of income (up to 80% currently, which will decrease to 65% and 50%)
(3) Reduced tax rate (for income up to 8 million yen)
(4) Tax exemption for family corporations (taxation on retained earnings)
(5) AR allowance by using fixed rate on AR
(6) Entertainment expense deduction up to 8 million yen
(7) Tax refund by applying the current loss on the income last year

Parent companies owning Japanese subsidiaries commonly have capital of 500 million yen or more, and in this case, the subsidiaries are regarded as Non-SMEs currently even if they only have small operations in Japan.
They can become SMEs with the following approaches:
Decreasing the capital to 100 million yen or less
Transferring at least 1 share of the parent to a third party
With the reform, many Japanese subsidiaries with small operations will be regarded as SMEs without implementing the approaches above.
コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.