みやこ会計ブログ  Blog of MIYAKO Accounting & Tax

東京 目黒駅前の国際税務会計事務所「みやこ会計」のブログです。公式ホームページはこちら。 Click here for our official website.
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
外国法人課税原則の改正 Tax reform for foreign corporations

外国法人に対する課税原則について、国内法は従前いわゆる総合主義を採っていましたが、日本が締結している租税条約に合わせて2016年4月より帰属主義に変更されています。

 

[財務省HPより引用]

 

  • 外国法人等の支店(PE:Permanent Establishment)が得る所得については、支店が本店から分離・独立した企業であったとした場合に得られる所得とするとともに、本店と支店との間の内部取引を認識します。
  • 支店が第三国で得る所得について、日本と第三国の両方から課税されて二重課税が生じる場合、その二重課税を排除するために新たに支店のための外国税額控除制度を創設します。

 

(注1)本店が支店(PE)を介さずに行う直接投資等

(注2)支店(PE)が行う国外投融資で第三国において課税されているもの

(注3)原則として源泉徴収で課税関係終了

 

上図のとおり、改正後は、外国法人と日本PEとの内部取引を認識して日本PEに帰属する所得を算定することになるため、内部取引の文書化が義務化されています。

この文書化作業や、その他の改正事項(第三国源泉所得の認識および外国税額控除等)については、本店との事前協議が必要となります。

これらに係る膨大な手間と時間を考慮すると、なかには在日支店を子会社化するケースも出てくると思われます。

とくに、そもそも租税条約で配当やロイヤルティが免税になる国の外国法人にとっては、子会社形態で日本に進出したほうが、法人全体の税額およびコスト面で有利になるケースも多いと思われます。

次回は、日本子会社設立の注意点について解説します。


Japan's Corporation Tax Law previously adopted the Entire income approach as a principle taxation rule on foreign corporations.

The approach has been replaced by the Attributable income approach from the fiscal period beginning on or after April 1st, 2016 for consistency with the tax conventions between Japan and other countries.

 

[Quoted from HP of Finance Ministry]

 

No English translation of the quote, sorry ごめん

 

As shown on the chart above, intra-company transactions between a foreign corporation and Japan PE must be recognized to calculate the income attributable to a Japan PE, hence the documentation of the intra-transactions are obligated.

The documentation and other revised issues (eg. recognition of the income sourced from third countries, foreign tax credit, etc.) will require prior consultation with the head quarters.

Considering a great deal of time and toil for the work, some foreign corporations might transform Japan branches into subsidiaries.

Especially for foreign corporations in countries which allow tax exemption on dividend or royalty income from Japan under the tax conventions, investment into Japan subsidiaries would often times result in saving tax and cost in total comparing to the investment into Japan branches.

I'm going to explain in the next post about the issues to be considered upon incorporation of Japanese subsidiaries.

コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.